キャンドルに関する情報が満載!

キャンドルによる風水効果

キャンドルが風水的に優れているのをご存知でしたか。
その形や色によって効果が異なるため、上手に風水を利用して、望ましい効果を手に入れましょう。
まず、「火の気」を持っているキャンドルは、木を象徴する「細長い形」のものとの相性が良いとされていて、これを部屋の隅に置くと、気の停滞を防ぐことができます。
このとき、色の付いたものよりも、炎と最も親しい色とされている「白い」もののほうが望ましい効果を得ることができます。
気持ちを安定させたいときには、もともと持っている「土の気」が火の気によって強化されている「横に平たいティーキャンドル」を南西の方角に置くと良いでしょう。
このとき、白い陶器製のホルダーを使用すると、さらに気が強まります。
ロマンスを呼び込みたいときには、丸いデザインの赤いものを西の方角に飾ると良いでしょう。
また、恋愛運をアップさせたいときには、赤いキャンドルを北の方角に飾ると良く、意中の人がいるときには、二本立てるとさらに効果がアップします。
ホルダーは、ガラス製のものが多いのですが、ガラスは水の性質を持っているため、火を鎮めてしまいます。
なので、ガラス製のものを使用したいのなら、背の高いものは、東か東南に置くと良いです。

風水で見るキャンドルの効果的な使い方

キャンドルは、風水学においても非常によく用いられるアイテムの一つです。
キャンドルの持つ形や、火という要素が部屋の持つ気を活性化させ、部屋の性質を変化させるとも言われています。
一般的な風水の見方では、細長く、白いキャンドルが好ましいというものが多いですが、キャンドル自体の色や形の他に、それらを置くホルダーの色や形などでも影響を変えることができます。
また、置く場所や方角についても、それぞれの特性や現在の状況に応じた風水独特の配置がありますので、場合によってはそれらを入れ替えてみたり、火をつける・つけないといったところで変化をもたらすことが効果的かもしれません。
いずれにしても、全ては自らの生活を見つめ、よりよい生活のため、彩りの多い生活を構成していくための努力である、という言い方ができます。
自分の人生を豊かなものにし、有意義に過ごしていくために、これらの考えを身に付け、いかしてみてはいかがでしょうか。

recommend

2017/7/18 更新

Copyright 2015 あったかな光 All Rights Reserved.