キャンドルに関する情報が満載!

アロマキャンドルの楽しみ方

アロマキャンドルは香りの選ぶ段階から楽しめます。
専門店には多くの種類が置いてあり、それぞれに異なる効能があります。
ラベンダーはリラックスして安眠効果が得られ、気分をリフレッシュするためにはレモングラスを選びます。
最近は安価な雑貨屋にもコーナーが設けられていますが、人工香料などが心配な人は専門店を訪れると良いです。
購入したアロマキャンドルはインテリアとしても利用できます。
部屋のフレグランスとして使う場合は、心身ともにリラックスできる空間を演出できます。
独特のゆらめきは、心臓のリズムと同じとされる「1/fのゆらぎ」です。
キャンドルに火を灯す時は、最初がポイントです。
最初は表面のロウが全て溶けるまで火を灯し続けます。
途中で火を消すと最後までロウが溶けずに、それ以降も溶けることはないので注意します。
ロウが溶けるまでは時間がかかるので、夜の電灯の代わりに使うと良いです。
自宅でも1時間使うだけで、スパに行ったのと同じ効果があります。

アロマキャンドルの作り方。

アロマキャンドルとは、火をつけるといい香りのするキャンドルのことをいいます。
香りによってリラックスすることができます。
アロマキャンドルはリラックス効果だけではなく部屋のフレグランスの代わりに使ったり、湯船に浸かりながら香りを楽しむなどの使い方ができます。
香りもさまざまな商品が販売されているため自分の好みに合った物を選ぶことができます。
また、自分で作れば自分の好みや用途に合った物を作ることができるようになります。
蜜蝋で作ればナチュラルな虫除けとなったり、余った香水の再利用やジェルキャンドルにビーズや真珠、ドライフラワーなどを入れればインテリアとしても使えます。
作り方としては、元となるロウソクとキャリアオイルを湯煎で溶かし、容器の真ん中で芯を垂らして固定して溶けたロウソクを容器に流し入れます。
ロウソクの粗熱が取れたら好みの精油などを加えて良く混ぜます。
精油は多めに入れることでしっかりと香りが出るようになります。
また、ドライハーブやスパイスを加えてもハーブの香りがほのかに広がっておすすめです。

Favorite

シャネルやプルミエールの高価買取

最終更新日:2017/6/8

Copyright 2015 あったかな光 All Rights Reserved.